スポンサーリンク

フィッシンググローブには大別すると5本指タイプ・3本指カットタイプ・5本指カットタイプの3種類があります。ライトゲームにはどのタイプがよいのでしょうか?

ライトゲームにはどのタイプのフィッシング用グローブがオススメ?

 

最初にインターネットで購入したのがPROX 5本指出しグローブです。次に購入したのが武勇伝 チタニウムグローブ 3本切です。
最近ではライトゲームしかやっていないのでないよりは良いくらいな感想でした。
冬場は寒いので手のカジカミを防止策としてフィッシンググローブを使用していました。
特に、どのタイプといったこだわりも持っていませんでした。

グローブに求めること

グローブをなぜ装着するのか?それは安全のためが一番の理由です。
ライフジャケット、帽子、メガネやスパイク付き靴と同じです。
「safety first」安全第一。あとの2つは時と場合によります。

    1. 安全のため
    2. 防寒のため
    3. カッコよさ

PROX 5本指だしグローブ

製品情報PROX 5本指だしグローブ

特長は以下の通りです。

  • 好きな指が出せる
  • ネオプレン素材防寒グローブ
  • フリーサイズ
  • カラー : ブラック × ブラック
  • 希望小売価格 OPEN

商品名は5本指だしグローブになっていますが、5本の指すべてにスリットが入っていて甲側のベルクロに止めれば好きな指が出せるようになっています。
下の写真は左が5本指すべてベルクロで止めている状態です。

フリーサイズのため指先がぶかぶかで指にフィットしません。ネオプレン素材のため、指を出すために折り曲げると嵩張る印象を受けます。手のひらはそうでもありませんが指の個所が膨らんだ感じがします。ネオプレン素材がよいのかトレブルフックの針がひっかかっても外しやすい点はメリットだと思います。
とにかくフィット感がないので使用しなくなりました。
ライトゲームだとリールを巻いているかキャストしているかで常に何かをしているため指を出したり引っ込めたりする時間がありません。
3本だしにしたらそれっきりですのでスリットとかベルクロがなくても最初から3本切りを購入すればよかったと思いました。
冬場、餌釣りで餌をつけるときにだけ指を出すといった使い方にはよさそうです。

武勇伝 チタニウムグローブ 3本切

製品情報武勇伝 チタニウムグローブ 3本切

特長は以下の通りです。

  • チタニウム合金をコーディングしたネオプレン素材
  • 断熱性、保温性、防風性、耐摩耗性
  • サイズ:Mサイズ(23~24cm)、Lサイズ(25~26cm)
  • カラー:ブラック

近くの「釣りのポイント」で購入しました。サイズは小さめのようで手のサイズでは23.8cm(Mサイズ)になりますが、店舗でサイズを合わせてLサイズを購入しました。ちょうどよいサイズを選択できました。

それなりに温かく、ジグ単には特に可もなく不可もなくでした。
しかし、メバルの季節でプラグを使うとトレブルフックがひっかかり外せません。
PROXのグローブとはこの点が大きく異なりました。
フィッシンググローブは針が引っかかっても外しやすい工夫がされているものだと決めつけがあったのが失敗でした。
トレブルフックが引っかかった痕です。最初は1か所だけでしたが外そうとしているとまた別のフックがひっかかり・・・最終的には3か所がほつれました。
犠牲になったルアー(月下美人 澪示威 45S)のトレブルフックをフォーセップで掴んで強引に外そうとしたらフック2本が折れました。
トレブルフックは新品の予備があるので交換すればすみますが、グローブのほつれはどうしようもなくちょっとみっともないです。
ちなみに月下美人 澪示威 45SのフックはSaqSas #14です。
がまかつのトレブルフックにも新製品がでているようで、「トレブル SP-MH」に#14、#12、#10のラインナップが追加されています。ラウンドベンドではなくダイワの4S同様スプロートベンドです。がまかつのトレブルフックは錆びにくく丈夫です。丈夫な分、ダイワの製品と比べると軸が太いようです。平打ちなのでそう見えるだけかもしれません。重さや大きさが異なるとルアーのアクションに影響が出るので慎重になってしまいます。とりあえずトレブルフックの予備には「Dトレブルフック SS VP」の3Rタイプでサイズは#14か#12を購入しています。

トレブルフック対策

いつもはジグ単なので気にならなかったグローブでした。
トレブルフックを使うプラッキングやハードルアーだとグローブの指の部分にフックが高確率でひっかかります。
厄介なことに1度引っかかるとなかなか外れないのがほとんどのグローブのようです。
外すのに時間がかかるのでイライラしてしまうこともあるかもしれません。
折角、釣りを楽しもうとしているのに道具で嫌な気分になるのはもったいない話です。
そこで、トレブルフックでもひっかからないタイプのグローブを選ぶことにしました。

トレブルフックが引っかからないのは5本指カットタイプだと思います。
ルアーのボディーを指先で持つと問題ないはずですが、ボディを抱え込むように持つとトレブルフックは指の第1関節か第2関節あたりに位置します。
その部分に生地がなければ引っかかることはないはずです。

 

グローブといってもタイプだけでなく素材やデザインなど様々、選択肢が多いと迷ってしまうので、いつものダイワのサイトから選ぶことにしました。

参考サイトダイワのグローブ

ダイワ総合カタログ デジタルカタログの場合は223ページになります。

サイトをご覧になればわかると思いますが、2021年4月デビューの製品が15製品あります。
それならということで今回はこの4月デビューの製品の中から選ぶことにしました。

DG-8121(ゲームグローブ 5本カット)

製品情報DG-8121(ゲームグローブ 5本カット)

特長は以下の通りです。

  • 5本カットタイプ
  • カラーは6色
  • サイズはM(23~24cm)、L(25~26cm)、XL(27~28cm)の3種類
    カラーブラックカモのみ2XL(29~30cm)あり。
  • ルアーゲームにおススメ
  • メーカー希望本体価格 \3,900(税抜)

カラーはブラックカモかリアルレイクかで悩みましたがリアルレイクにしました。
サイズは発売前で合わせることができないので測定値通りMサイズにしました。

購入はこちらから
by カエレバ

発売予定は2021年4月ごろですので、それまでは予約品扱いです。
カラーは6色あります。購入の際にはサイズにもご注意ください。

プラグとハードルアー用にチューブラーのメバリングロッドを取り寄せ中ですので、4月くらいにロッドとグローブが揃えばよいかという状況です。
コロナ禍の影響のためか、ほしい物の入手が困難です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事