ちょい投げ釣り

平日、横須賀のアイクルに行ってきました。

ちょい投げ用のロッドとリールを買って、仕掛けを買って、アオイソメを買ってと、いろいろ買わないといけないものがあって出費が増えます。
狙うはカレイですが、どうなんでしょう。

自転車で30分くらいで到着。時間は8:30くらいです。
知り合いと現地待ち合わせで無事合流です。

奥のL字手前に陣取ります。
まだ誰もいないようだったので好きな場所を選べました。

9時過ぎたころから人がちらほら増え始めます。
平日の中日のためかこの日はMAX10人くらいでした。

しかしー
平日はご年配の方々がどこからか集まってきて、雑談会が始まります。
いつもカゴ師の人の知り合いやらが集まって始まるわけで・・・
竿の数と人数が合わないので何人かは釣りをしに来たわけではないのだと思います。
釣りをしているのは3人であとの5人くらいが見に来た人?
同じ話のループ3回目くらいで集団外の人たちに話しかけてきます。
話しかけられると、どしたほうがいいと自分を善人だといわんばかりに「わざわざ教えてあげている」と強調します。
そのうち、釣り場を牛耳りだすのがパターンです。
詐欺や悪質な商法をする人の口ぶりに似ているのでいい気はしません。
昼間から酒を飲んでいるのだろうか
飲むのはいいけどめんどくさい。

平日は海の公園もアイクルも同じく、ご老人が集まり騒ぎ出すのがどうにかならんものでしょうかね
土・日だと人、人、人で釣りどころでないだろうし。
人それぞれの事情というものがあるわけで・・・
会社が休みの日の釣りくらいゆっくりしたいものである。

向こうへ移動した方がいいとかで、荷物を持ってあげるとまで言われ、移動を催促するかのように荷物を持とうとしたのが気持ち悪くて知り合いと目で合図して帰宅することにしました。
日も落ちだしていたし寒くなってきそうだったのできっかけにはちょうど良かったかもしれません。

関東の海釣りはほんとに面倒と思った一日でした。
もっと気楽にゆっくりまったりと釣りを楽しめないものだろうか。
丹後半島、宮津湾、舞鶴湾や若狭湾が懐かしくあの頃のような釣りがしたい。

釣果はハゼ2匹と名刺サイズくらいのウミタナゴ?のような魚2匹。
全部リリースして納竿です。

カテゴリ

釣り

タグ

アイクル